ベースイコライザーで抜けるサウンド!おすすめするエフェクター5種類

スポンサーリンク



前回紹介したイコライザーによる周波数特性についてはいかがでしたでしょうか?

なるべくわかりやすくまとめました。

イコライザーは、周波数毎にベースの音質へ影響が得られる事が理解頂けたかと思います。

関連記事:

イコライジングによってベースの音が決まる?周波数の特性

ベーシストなら知っておきたいベースのイコライザーとは?

今回は前回を基におすすめするイコライザーのエフェクターを紹介します。

 

イコライザーとは

音楽的なイコライザーとは、音声信号の特定の周波数帯域を強調したり減衰(カット)させたりする事で音質の補正(平均化)音質の明確化などの改善といった意味合いまた機器になります。

要するにベースで解説すると、鳴らしている音を高域・中域・低域などの特定された周波数帯域を個別に調整して音質を変えられる音響機器

 

イコライザーの種類

スポンサーリンク



イコライザーの種類には大きく分けて2つあり、特性については以下。

  • パラメトリックイコライザーつまみはノブ式が多く、簡易的にある程度決められた周波数帯域などを調整ができる。
  • グラフィックイコライザーつまみはスライド式が多く、細かく分けられた周波数帯域毎に調整ができる。

 

周波数帯域による音質の変化

チューニングによる基準周波数は440Hzですが、基本的なベースの各弦の周波数は以下です。

41Hz→E弦 開放音

55Hz→A弦 開放音

73Hz→D 開放弦

98Hz→G 開放弦

帯域毎による周波数と特性

  • 32Hz125Hz:重低音として感じ、重量感や体感の太さが出る低域。
  • 125Hz250Hz:低音に対して厚みが出る中低域。
    ※125Hzは、音抜けを生みだすポイント
  • 250Hz500Hz:ベースのキャラクターを決め、音量感が出る中域。
  • 500Hz1KHz:ベースラインの存在感が出て、音色の輪郭を生みだす中高域。
  • 1KHz4KHz:ベースラインをさらに際立たせ、音程感が出る高域帯域。
  • 4KHz8KHz:ピッキングのニュアンスやキレが出る高域。

 

おすすめする5つのイコライザー

スポンサーリンク



おまたせしました!

おすすめするイコライザーを紹介します。

BOSS / GEB-7

ベースイコライザーを探している人が必ず出会うのがBOSSのGEB-7。

グラフィックイコライザーとして最も有名でリーズナブルな機種かと思います。

バランスの良い周波数帯域の採用により、音のキャラクターを決めやすく迷った際はコレ!と言っても良いでしょう。

TECH21 / Q STRIP

プリアンプSansAmpでお地味のTECH-21のパラメトリックイコライザー。

ベースだけでなくギターもカバーするマルチな機種です。

サウンドの肝となる中域を下段にある2つのノブにより、周波数を設定し上段のMIDノブで調節でき理想的な音質を作り出します。

PROVIDENCE / DUAL BASS STATION DBS-1

ベース専用のプリアンプとしての立ち位置ですが、原音に忠実でMID FRQEがそれぞれ2chに分けてあるためフットスイッチの切り替えで、フィンガーピッキングやスラップ、ピックピッキング奏法などによって使い分ける事ができます。

また、元々の音を活かしつつ、レベルの設定次第でブースターとして仕様する事も可能です。

MXR / M109S SIX BAND EQ

M109S SIX BAND EQのアップグレード版。

元々ギター用のエフェクターですが、6バンドのグラフィックイコライザーで100Hzや200Hzと言った中低域を細かく調整ができるためベース用としても使われています。

小型ですが、パワフルな音が得られ操作しやすいのが人気を得ています。

MXR / M108S 10 Band Graphic EQ

同じMXRのグラフィックイコライザーで人気を誇るM108 10 Band Graphic EQのアップグレード版です。

M109S SIX BAND EQのようにギター専用としてのイコライザーですが、ベース用としてもしっかり実力を発揮する機種と言えます。

31.25Hz〜16KHzの内10バンドの調整が細かくできるため、より積極的なサウンドメイクができますが、上級者向きかもしれません。

まとめ

イコライザーを通すだけで、ただ音質の補正による抜けるサウンドが得られるだけでなく、バンドアンサンブルでのベースの立ち位置を細かく調整をとる事が可能です。

なんとなく自分のベースが聞こえない、埋めれて聞こえてくるなど引っかかる事がありましたら、ヘッドアンプを含めイコライザーの調整について注目すると良いかもしれません。

関連記事:

イコライジングによってベースの音が決まる?周波数の特性

ベーシストなら知っておきたいベースのイコライザーとは?

 

↓他のベースブログについてはこちら↓

 

 

スポンサーリンク




コメントを残す