スポンサーリンク



初心者エレクトリックベーシストが最低限揃えておくべきベースアイテム8品目

ベースをはじめてみようかな?

何を揃えれば良いのか?

ベースにシールド(シールド・ケーブル)と。。。あれ?

何が最低限必要なのか分からないという方のために、ベース必需品を紹介いたします!

 

1.ベース

引用元:http://gakkirental.com

ベースをはじめるのに、本体がないと始まらないですね。

大切に愛情を込めて使っていけるあなたの1本を選びましょう。

 

2.ベースケース



常に自宅でしかベースを弾かないという方もいるかもしれませんが、弾かない時はケースにしまっておきましょう。

外傷を防いだり、誇りや塵などから守ることにもなります

またベースケースには、ソフトケースハードケースセミハードケースがあり、防水加工されているものもあります。

 

3.ストラップ

引用元:https://ae01.alicdn.com

立って弾く時には、必ず必要となるのがストラップです。

ストラップにも様々な種類があり、ナイロン生地、ビニール生地、布、革、クッション素材を使ったものなどがあります。

ベースの個体差によりますが、ベースを肩にかけてても疲れにくいものを選んだ方が良いです。

 

4.チューナー



ベースの音程を確認する機器。

絶対音感を持っている!

そういう方であればチューナーは必要ないかもしれませんが、

音程がズレて弾いているのは上達につながりません。

また、聞いている側に不快も与えてしまうので、正確な調整をするために用意しておきましょう。

 

5.メトロノーム

引用元:http://ecx.images-amazon.com

一定のリズムを刻むもの。

音楽にはリズム感がつきもの。

フリーでベースの練習することも中々上達することに繋がりません。

メトロノームでクリックに合わせながら練習することが大切です。

メトロノームは、市販で販売されている筐体ものやWEB上のHPで公開されていたり、スマホなどのアプリがあったります。

 

6.弦

引用元:https://ja.aliexpress.com

ベースを弾いていく上で、一番消耗するものが弦です。

弦には、ラウンドワウンドという弦の表面がザラザラしているものと、

フラットワウンドという弦の上面がツルツルとした平坦になっているもの、

ラウンドワウンドとフラットワウンドが混ざったハーフラウンドがあります。

その他に太さ、長さ、材質、色などの違いがあり音も違ってきます。

使っていく上で好みのものを選ぶと良いでしょう。

また、弦はいつ切れるかも分からないことと、使っていくうちに音質が劣化していくので、常に1セットは予備で用意しとくと良いでしょう。

 

7.工具



弦の張り替え時やネックの反り、ピックアップの高さなどメンテナンスの際に役に立ちます。

最低限必要な工具は以下です。

  • プラス、マイナスドライバーの各大小
  • 六角レンチ(数種類)
  • ニッパー

六角レンチはインチとミリの単位があったりするので注意しましょう。

実際に工具を用意する時は、自身のベースのネジなどの形状にあったものを用意しましょう。

 

8.ポリッシュ&クロス

引用元:https://ja.aliexpress.com

日頃の手入れようで用います。

特にクロスは練習後の汗や手垢を拭き取るために必要となります。

 

まとめ

必要最低限のものを今回紹介いたしましたが、ベース本体以外はそこまで高価なものではないのできっと揃えられると思います。

また、あると良いものはベースアンプシールド・ケーブルギタースタンドといったものになります。

あなたにあったアイテムを揃えてみてくださいね!




コメントを残す