サマソニ2017出演!BABYMETALの神バンドの神ベース

今や日本のメタル界を代表し、世界で活躍するBABYMETAL

あのMETALLICARED HOT CHILI PEPPERSなどと共演し、坂本九さん以来53年ぶり2組目の全米TOP40入りを果たすなど輝かしい功績を残している彼女達。

そんな彼女達を支える人の中で、ステージ上もっとも目を奪われるのがバックバンドの『神バンド』。

装飾やメイクで身をまとい、超絶的なプレーを魅せるのは正に神業

今回は、サマソニ2017にも出演するBABYMETALの神バンドのベースを担当されている方たちに注目します。

[ad#kb5]

 

神バンドとは何か

引用元: https://smith-kun.c.blog.so-net.ne.jp

まず、神バンドってなに?というところから簡単に説明をします。

神バンドとは、メタルミュージックの神とされる「キツネ神」がBABYMETALへ「メタルで世界を1つにする事、世界征服の実現」のお告げをしたことから、キツネ神が更なる力として降臨させ、各楽器の神で編成された爆音を奏でる楽団。 

 

神バンドのベーシスト達

なぜベーシスト達、「達」かというと、いきなり現実的な話になりますが!笑

これまで4名の日本が誇るプロミュージシャンが演奏されているからです。

BOH氏

引用:https://pbs.twimg.com

神ベースとしての姿はこちらの右側。

引用:http://bmdb.sakura.ne.jp

本名:棒手 大輔(ぼうて だいすけ)
別名:棒
性別:男性
血液型:A型
生年月日:1982年8月14日
出身地:北海道旭川市
ホームページURL:http://www.bassist-boh.com/

高校からベースを始め、音楽専門学校時代より6弦ベース奏者となる。

2004年10月『彩 with SUPER VIBRATION』に加入。2006年3月にバンドが活動休止し、

2010年にソロ活動開始。

これまで中島美嘉の実写映画NANAのバックバンドや2007年、BINECKSのベーシストとして活動。

その他、SOPHIAのヴォーカリスト松岡充のロックバンドMICHAELのサポートや、ニコニコ超会議のバックバンドメンバーなどのサポートベーシストとして活躍。

また、様々な国内アーティストのレコーディングにも参加している。

影響を受けたアーティストは、ビリー・シーン、ヴィクター・ウッテンなどを挙げている。

[ad#kb5]

 

IKUO氏

引用:http://ymmplayer.up.seesaa.net

神ベースとしての姿はこちら。

引用:https://cdn-ak.f.st-hatena.com

本名:渋谷 郁央 (しぶたに いくお)
性別:男性
血液型:A型
生年月日:8月24日
出身地:島根県
ホームページURL:http://ikuo190.com/

1996年からいくつかのバンドでメジャーデビューをし、2003年にはソロデビューをされています。

現在では、ベースをしている人なら誰でも知っているというくらいの知名度とベースマガジンに出演されています。

また、性格は大人しく、天然なところがあるようです。

影響を受けたアーティストは、ビリー・シーン、ヴィクター・ウッテン、ジャコ・パストリアス、ケディー・リー、マーク・キングを挙げています。

 

RYO氏

引用:http://www.nipponproject.com

神ベースとしての姿はこちらの中央。

引用:https://pbs.twimg.com

本名:不明
性別:男性
血液型:不明
生年月日:1980年11月26日
出身地:大阪府
ホームページURL:不明

1999年6月大阪でVISION QUESTをRYU(RYOの兄。ギター)とともに結成。

2000年6月にバンド名をBLOOD STAIN CHILDに改名。

2016年6月。一身上の都合によって脱退されています。

現在もバンド活動をされているようですが、詳細は不明です。

[ad#kb5]

 

瀧田イサム氏

引用:http://decolum.jp

神ベースとしての姿はこちら。

引用:http://livedoor.blogimg.jp

本名:瀧田勇(たきた いさむ)
性別:男性
血液型:B型
生年月日:1964年8月8日
出身地:神奈川県横須賀市

オフィシャルブログURL:http://isamu6st.blog122.fc2.com

中学時代にベースを始め、ロックバンドを組むがジャズ喫茶にてジャズの魅力に影響しロックに興味がなくなり、音楽専門学校にてジャズ理論、作曲、ベースなどの勉強をしたと言われています。

数々のバンドやセッション活動、サポート等を経て1995年に六三四Musashi、2002年にはアーク・ストームに加入、テクニカルかつ流麗なプレイで辣腕を振われました。
2015年12月、デビュー20周年にして初ソロ・アルバム『Rising Moon』をリリースされています。
2016年にJeff KollmanのJapan Tourにも参加しています。

影響を受けたアーティストは、ビリー・シーン、スタンリー・クラーク、ジャコ・パストリアス、ケディー・リー、ジェフ・バーリン、ニール・マーレイを挙げています。

 

神ベース年表

[ad#kb5]

2011年2月1日:BABYMETALのユニット名として公表、始動

201210月6日:神バンド初の帯同公演、ベーシスト:RYO

20132月1日:ベーシスト:IKUO

20135月10日以降:ベーシスト:BOH

2014年:ベーシスト:BOH氏

2015年:ベーシスト:BOH氏

2016年:ベーシスト:BOH氏

2017年:メインベーシスト:BOH氏、1月11日初サポート:瀧田イサム氏

 

まとめ

本当にものすごいテクニックと経歴を持っている方達でしたね!

経歴を知った上で見る神バンドの神業と言える超絶テクを目の当たりにすると、

更にウォーーーーッッッ!!と感動すること間違いないです!

RYO氏は不明ですが、後の三人に共通して影響を受けているベーシストが、

Mr.BIGのビリー・シーン。

引用:https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp

確かに早弾きのプレイスタイルに面影があります。

特に瀧田氏のベースソロはビリー・シーンのように私の目に映り、感動してしまいました!

ちなみにサイト主の私もビリー・シーンのファンでしたが、ライトハンドの途中で挫折してしまいました汗 今回を気に練習してみようかな♪

サマソニ2017へ行かれる方は、神ベース楽しみにしてください!

 

↓他のベースブログについてはこちら↓

 

 

[ad#kb5]

Bassist

女性要確認!サマソニ2017の服装と持ち物リスト

夏に入るとさらに野外フェスの開催が多く見られますね。

今回は日本を代表するフェス、SUMMER SONIC 2017に行く服装や持ち物リストを特に女性目線で案内いたします。

サマソニ2017の服装

サマソニは丸一日歩き回るような状況となるので、必ず動きやすく且つ歩きやすい履物にしましょう。

 

帽子はハット、サングラスは必須

サマソニは天気にも左右され、快晴の日はかなり日差しが強く日に焼けます。

必ずハットなどのように首後ろ側も日陰になるような形のものが良いでしょう。

ハットが無くキャップしかお持ちでない方は、タオルを首にかけたりするのも効果的です。

サングラスで目を保護することもお忘れなく。

ただ、効果なサングラスを持って行くのは控えましょう。高確率で紛失します。

ブランド品でなく、UVカットされている市販の安いものにしましょう。

 

Tシャツ及びアームカバー

前述にも記載したように快晴時はかなり日に焼け、また汗も大量にかくことになります。

そのため身軽なTシャツにTシャツの袖まで隠れるようなアームカバーがあると便利です。

サマソニには室内もあるので暑ければアームカバーはすぐ取り外せたりできるのもいいですね。

その他、会場にはスポーツウェアのような発汗性に優れている素材のロングTシャツをインナーとして着ておられる方もいます。

Tシャツも発汗性に優れているものであれば更に良いでしょう。

 

生地の薄いロングパンツ又は膝上短パンとレギンス

風通しの良い生地のものを選びましょう。

膝上短パンのレギンスは日差し対策としてのアイテムです。

レギンスから素肌が見えそうであれあば靴下で隠せるようにしましょう。

 

靴はランニングシューズがベスト

必ず歩きやすい靴にして、できればランニングシューズなどのスポーツシューズが良いです。

靴が違うだけで、公演終了後の疲労も格段に違います。

また、会場によっては大盛り上がりで足を踏まれることもしばしばあります。

なのでサンダルなどは履いていかないようが良いです。

もし履くのであれば、セカントシューズとして持参しましょう。

 

サマソニ2017の持ち物リスト

服装についてはイメージ、理解できましたでしょうか?

ここからは持ち物をご案内いたします。

 

バッグ

飲み物や必需品を持ち歩くためのバッグです。

リュックでも良いですが、何かとあまり荷物を持ちたくないという方はウエストポーチボディバッグがオススメです。

 

日焼け止め

何度もしつこいようですが笑

日差しがかなり強いので曇りの日でもいざという時に持ち歩きましょう。

必需品です。

 

タオル2枚

1枚だけでは足りないと思います。

かさばるのが気になる方はスポーツタオル1枚とハンカチタオルを1枚あると良いでしょう。

 

スマホと携帯充電器とジップロック

電波が繋がりにくいこともあり電池の消費が早いことがあります。

また電源が簡単に見つかる訳でも無く、もしあっても勝手に使うと窃盗にも当たりますから自ら準備して行きましょう。

会場によっては水を巻いたりすることがあり、気を抜いているとびしょ濡れになります笑

スマホを守るためにもジップロックにしまっておくことをオススメします。

 

熱中症対策グッズ

塩飴や保冷剤、ポカリなどの水分補給の飲み物を持って行くと良いです。

 

女性専用用品

化粧水などその他の用品。

 

ウェットティッシュ及びウェットタオル

あるだけで全然違います。顔を吹いてリフレッシュや服の汚れを落とすのに役たちます。

 

乗車券の用意

帰りは、駅も道もバス停も激込みします。

なるべくスムーズに移動できるように、乗車券の購入やSuicaなどのチャージは前もって行いましょう。

 

所持金

グッズを買ったり、食事や飲み物に使うと思います。

1000円札が多めにあると良いです。

またお金も濡れる恐れがあるので財布ごとジップロックに入れると尚良いでしょう。

 

サマソニ2017などの入場チケット

準備万端であっても肝心のチケットがないと意味がありませんね。

万が一、忘れてしまったら取りに帰るか当日券の購入をしないといけなくなるので要注意です。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

女性目線での必需品としてまとめてみました。

年一度に開催される真夏の色々な意味で熱いサマソニだからこそ、帰り着くまで楽しく過ごしたいですよね。

最後に、お金があれば現地でなんとか解決しますので、チケットとお金は最低限忘れないようにしましょう。

ご愛読していただきありがとうございました。

 

プライバシーポリシー

以下に当サイトのプライバシーポリシーを記載します。

 

Google AdSenseによる広告配信について

当サイトは、第三者配信の広告サービスであるGoogle AdSenseの利用し、第三者配信事業者や広告ネットワークによる広告配信及び掲載をしております。

Google Adsenseの広告は、Cookieを使用して広告を配信しています。

Cookieを使用することにより、インターネットにおけるご自身のサイトや他のサイトへのアクセス情報に基づいてユーザーに広告を配信することが可能になります。

Cookieには氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません。

Cookieによる情報提供を望まない場合、「Googleの広告およびコンテンツネットワークに関するプライバシーポリシー」にアクセスするなどしてCookieOFFにすることで、情報提供を行わないようにすることができます。

 

個人情報の取り扱いについて

●個人情報の利用目的

当サイトでは、メールでのお問い合わせ、メールマガジンへの登録などの際に、名前(ハンドルネーム)、メールアドレス等の個人情報をご登録いただく場合がございます。

これらの個人情報は質問に対する回答や必要な情報を電子メールなどでご連絡する場合に利用させていただくものであり、個人情報をご提供いただく際の目的以外では利用いたしません。

●個人情報の第三者への開示

当サイトでは、個人情報は適切に管理し、以下に該当する場合を除いて第三者に開示することはありません。

  • 本人のご了解がある場合
  • 法令等への協力のため、開示が必要となる場合

●個人情報の開示、訂正、追加、削除、利用停止

ご本人からの個人データの開示、訂正、追加、削除、利用停止のご希望の場合には、ご本人であることを確認させていただいた上、速やかに対応させていただきます。

免責事項

当サイトのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。当サイトに掲載された内容によって生じたいかなる損失・損害等また以下について当サイト及び管理人は、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

  • 閲覧及び接続環境による閲覧情報の可否

  • 情報掲載の中止や停止

  • 当サイトのメンテナンス等による情報提供の中止や停止

  • 掲載されている情報の最新性

  • 掲載されている情報の誤記載

  • 掲載されている情報の内容変更

  • リンク先の当サイト外での掲載情報

 

運営者  Kensuke Nakasu

連絡先 blog5bassk@gmail.com