サマソニ2017のチケット販売状況と当日券と売り切れ時の対処法

毎年8月に豪華出演アーティストを揃えて行われるサマーソニック(SUMMER SONIC)とソニックマニア(SONIC MANIA)。

今年は、ソニックマニアは8月18日(金)、サマーソニックは8月19日(土)〜20日(日)に開催されます。

フジロックのように日本を代表する真夏のフェスティバルであり、毎年20万人ほどの来場客で会場を沸かせます。

出演アーティストによっては早期チケット完売になることも珍しくありません。

当サイトの運営者自身も迷っている内に結果、チケット完売となってしまった経験があります。

今回は、チケットの当日券含む販売状況と売れ切れ時の対処法をご紹介いたします。

 

サマソニとソニマニのチケット情報

サマーソニック入場券
  1. 1日券 大阪14,000(税込) 東京16,500(税込)
  2. 2日券 大阪25,500(税込) 東京30,500(税込)
  3. プラチナチケット 大阪¥25,000(税込)東京¥30,000(税込)

 

※プラチナチケットとは

1日券にプラチナ特典が付いたチケットになります。

・専用ヴューイングエリア

  1. MARINE、MOUNTAIN、SONIC、RAINBOWステージ前方に専用エリアを設置
  2. ステージ前方に専用エリアを設置

・専用Lounge

  1. マリン側、メッセ側に専用ラウンジを設置。
  2. 各日9:00〜22:00まで利用が可能。

・グッズ売場専用レーン

  1. グッズ売場に専用ファストレーンの設置。

・専用クローク

  1. 無料で利用可能な専用のクローク窓口を設置。

・ウェルカムドリンク

  1. プラチナリストバンド交換の際、ドリンクチケットの受取。

・専用シャトルバス(東京のみ)

  1. マリン、メッセ間の移動に専用シャトルバスの利用が可能。

 

 

ソニックマニア入場券(東京のみ)
  1. 通常券 ¥11,500(税込)別途1ドリンク代 ¥500
  2. プラチナチケット ¥20,000(税込)

 

ウィークエンドチケット入場券(オフィシャル先行限定 東京のみ)
  1. サマーソニック東京2日券+ソニックマニア券 ¥39,000(税込)

 

HOSTESS CLUB ALL-NIGHTER 入場券(東京のみ)
  1. サマソニ・ソニックマニアチケット購入者限定先着特別価格¥5,000(税込)
  2. 一般価格¥9,500(税込)

HOSTESS CLUB ALL-NIGHTERとは

サマーソニック2017のミッドナイトソニックとしてオールナイトイベントであるHOSTESS CLUB ALL-NIGHTER

上記のように、サマソニ東京の各入場券を購入している場合は、特別価格で購入することが可能。

 

サマーソニック当日券

サマーソニックでは当日券が出ることがあります。

料金については前売券より¥1000高い設定となる傾向があります。

また販売時期については、ローソンなどのWEB販売では当日の午前0時から販売、会場では午前9時から販売される傾向です。

今年の当日券の販売情報はまだ出ておりませんので、昨年2016年の情報を見てみましょう。

■サマーソニック2016東京 当日券

  • 1日券 ¥17,500(税込)  プラチナチケット ¥31,000(税込)

■会場売場

マリン 3Aカフェブース:8月20日(土) 9:00~20:00
幕張メッセ 中央エントランス当日券売場:8/20(土)9:00~25:00

■コンビニエンスストア

ローソン、ミニストップ(L:77771)、ファミリーマート、セブンイレブン、サークルKサンクス、
ぴあ店舗(P:289-122):8月20日(土) 0:00~18:00

■サマーソニック2016大阪 当日券

  •  1日券 ¥15,000(税込) プラチナチケット ¥26,000(税込)

■会場販売

販売時間:各日9:00~
販売場所:舞洲アリーナ軒下の当日券売場にて販売

■コンビニエンスストア

ローソン、ミニストップ、ファミリーマート、セブンイレブン、サークルKサンクス
→各日0:00~17:00まで

チケット完売した場合と対処方

売切れる時期

出演アーティストによって異なることが多いですが、早い時期では発表後即完売や7月中旬頃には完売します。

会場順で売切れる傾向を見ると、

東京会場→ソニックマニア→大阪会場

となる傾向が強いようです。

チケット完売の対処法

近年チケット購入や販売に対し規制が設けられているようですが、まだサマーソニックでは厳しい規制は今の時点では無いようです。

チケットが売切れてしまった場合について、その他のサイトなどで購入可能です。

オススメの順番でご紹介します。

  1. ヤフーオークションやviagogo、Ticketcampサイトでの購入
  2. 各地域にあるチケット委託販売店での購入
  3. 当日券の販売を待つ

まとめ

やはり、正規窓口販売で売切れとなってしまったら、実際に用意されるかわからない当日券を待つより、その他サイトでのチケットをなるべく早く購入した方が良いです。始めは通常購入より安く購入できたりすることもありますが、人気の出演アーティストであればあるほど、開催日に近くになるに連れて価格が高騰する恐れもあるからです。

各地域に新幹線や航空券、映画のチケットを取扱がある店舗でも同等か多少安くで購入できることがありますよ。

ただ気をつけていただきたいのが、当日の会場でチケット余ってますと告知されているダフ屋からの購入は避けてください。

最後までご愛読いただきありがとうございます。

気に入られたらシェアなどお願いします。

 

 

プライバシーポリシー

以下に当サイトのプライバシーポリシーを記載します。

 

Google AdSenseによる広告配信について

当サイトは、第三者配信の広告サービスであるGoogle AdSenseの利用し、第三者配信事業者や広告ネットワークによる広告配信及び掲載をしております。

Google Adsenseの広告は、Cookieを使用して広告を配信しています。

Cookieを使用することにより、インターネットにおけるご自身のサイトや他のサイトへのアクセス情報に基づいてユーザーに広告を配信することが可能になります。

Cookieには氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません。

Cookieによる情報提供を望まない場合、「Googleの広告およびコンテンツネットワークに関するプライバシーポリシー」にアクセスするなどしてCookieOFFにすることで、情報提供を行わないようにすることができます。

 

個人情報の取り扱いについて

●個人情報の利用目的

当サイトでは、メールでのお問い合わせ、メールマガジンへの登録などの際に、名前(ハンドルネーム)、メールアドレス等の個人情報をご登録いただく場合がございます。

これらの個人情報は質問に対する回答や必要な情報を電子メールなどでご連絡する場合に利用させていただくものであり、個人情報をご提供いただく際の目的以外では利用いたしません。

●個人情報の第三者への開示

当サイトでは、個人情報は適切に管理し、以下に該当する場合を除いて第三者に開示することはありません。

  • 本人のご了解がある場合
  • 法令等への協力のため、開示が必要となる場合

●個人情報の開示、訂正、追加、削除、利用停止

ご本人からの個人データの開示、訂正、追加、削除、利用停止のご希望の場合には、ご本人であることを確認させていただいた上、速やかに対応させていただきます。

免責事項

当サイトのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。当サイトに掲載された内容によって生じたいかなる損失・損害等また以下について当サイト及び管理人は、一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

  • 閲覧及び接続環境による閲覧情報の可否

  • 情報掲載の中止や停止

  • 当サイトのメンテナンス等による情報提供の中止や停止

  • 掲載されている情報の最新性

  • 掲載されている情報の誤記載

  • 掲載されている情報の内容変更

  • リンク先の当サイト外での掲載情報

 

運営者  Kensuke Nakasu

連絡先 blog5bassk@gmail.com

初心者が知っておくべき楽器のベースとはなんぞや?〜役割編〜

Salut!! Kensukeです。

あなたがバンドのアンサンブルで気をつけていることは何かありますか?

ベースを始めてみたのはいいけど、ベースの役割というのはいったい何でしょうか?

ただ、テンポに合わせてボンボンボンと弾いていることが良いのでしょうか?

何も考えてないでアンサンブルをしていると役割を認識していない分、良い演奏に繋がることは難しいでしょう。

 

ベースの役割

担当しているベースがどういう役割を担っているのか確認して見ましょう。

音圧・音の厚みを曲に与える

アンサンブルの最中に、ベースを弾かなかった時のアンサンブル音は聞いたことはありますか?

何か曲がふわっと宙に浮く様な感覚で聞こえてくると思います。

そして、ベースを弾き始めると曲の足が地に着く様な安定する聞こえ方や迫力を増すでしょう。

この現象は低音を奏でるベースが支えるからこそ安定した聞こえ方になり、それが音圧となっているのです。

 

曲全体にノリ(グルーヴ)を生み出す

ベースは、ドラムと同じ様に音の強弱をつけられるリズム隊であると言われます。

ドラム単体でもノリを出すことはできますが、ベースは鳴らす音の長さ短さの弾き分けによりドラムと絡み合うことで曲のリズム感、ノリ(グルーヴ)を生み出します。

よって、ドラムとベースはしっかりとしたリズムを刻む必要があります。

 

コード感を明確にし曲の進行を導く

他の楽器に比べ、ベースはコードのルート音(コードを構成する軸となる音)を出す役割を強く持っています。それにより、ギターなどがコードを奏でていない時でも曲の進行を導きます。

 

まとめ

ベースの役割には代表的な事項として以下、

  1. 音圧・音の厚みを曲に与える

  2. 曲全体にノリ(グルーヴ)を生み出す

  3. コード感を明確にし曲の進行を導く

3項目があげられます。

 

ただ細かいことになるとこれだけではありません。

音楽のジャンルやスタイルによっても変わってきます。

例えば、Popsなどで見られるベースでメロディを奏でる

主旋律とはまた異なったメロディを奏でることで曲にバラエティさを与えます

また、実力があるプレーヤーはソロを奏でる

JAZZのようなジャンルなどジャムセッションでは、ソロ演奏を求められることもあります。

初めはなかなかすぐ理解や上達することは、難しいかもしれません。

奥が深い音楽、ベースだからこそ地道に探求していくことで新しい発見や面白さを得られることは間違いないと思います。

ベースの役割をまずは心得て日々の練習に励みましょう。

初心者が知っておくべき楽器のベースとはなんぞや?〜歴史編〜

Salut!! Kensukeです。

皆さんは、ベースのことについてどの程度知っていらっしゃいますか?

特に歴史的な話は実際ベースを弾かれている方でも、詳しく知っていらっしゃる方はそれほど多くないかと思います。

現に恥ずかしながら私もそのうちの一人。。。

ベーシストだからこそ、基礎的なことは知っておきたいと思い、今回改めてベースの歴史について調べてみました。

 

 Bassの単語の意味

ドイツ語の発音をカタカナにすると”バス“。

英語だとベースと発音されることもあります。

ここでの記載する意味は、楽器に関連する意味合いとします。

weblio 和英辞典では以下。

 Bass [バス・ベース]
  ①男声最低音
  ②低音部
  ③低音楽器、ダブルベース(コントラバス)

主に「低音の~」という意味を持つようですね。

また、イタリア語の”basso“が語源です。

  Basso [バッソ]

  ①低さ
  ②低い所
  ③短いもの
  ④低音部

 

ベースの歴史

現在まで進化を遂げてきたベースは電気で音を拾い増幅させた音を奏でるエレクトリックベースですが、1950年頃からということで歴史は浅いです。

ただ、エレクトリックベースに到るまでの歴史は長いので紹介したいと思います。

先祖に当たるViolone (ヴィオローネ)

16〜18世紀頃にヨーロッパで用いられた擦弦楽器のビオラ・ダ・ガンバ属の5本の弦から成る古楽器で、コントラバスの先祖と言われています。小規模では現在のチェロの様な低音部の旋律を担い、大規模なアンサンブルではチェロとユニゾンする8度下の旋律で現在のコントラバスの役目を担っていました。

クラシックスタイルと言えばContrabass (コントラバス)

19世紀に入り、コントラバスが生まれた。ビオラ・ダ・ガンバ属の楽器であったことで、弦の数が3本から6本と一定ではなくまた、大きさがチェロと同等など多種多様でありました。そして、コントラバスの発達の過程で様々な形をしているのは、楽器の大きさからくる困難を容易にし、扱いにくい楽器を使いやすい様にするためと考えられており、現在のコントラバスはヴィオローネの面影を残して一般的に4弦〜5弦からで成っています。

チューニングは、1弦から(G ソ)-(D レ)-(A ラ)-(E ミ)となり、エレクトリックベースより1オクターブ低い音程です。そして5弦の場合は、さらに低い弦として第5弦の(B シ)、またさらに高い弦として第1弦の(C ド)が備えられています。

現代のコントラバスの呼び名については様々なものがあります。

国別だと独: Kontrabass、伊: Contrabbasso、英: Contrabassなど。

その他には以下です。

 

Wood Bass

ジャズやロカビリーなどのポピュラー音楽分野の呼び名で、エレクトリックベースと区別する意味合いを持ちます。

 

String Bass

Bass ClarinetやContrabass Clarinetなどの管楽器と区別するために付けられ、吹奏楽部で使われることが多いです。

 

Double Bass

初期の頃はチェロとコントラバスは同じ譜面を使用しており、音をより豊かにするためにチェロより1オクターブ低い音でダブルで演奏をしていたことの意味から来ています。現在でもベース用の音源は1オクターブ高く書かれています。

 

Bass Violin

ヴァイオリン属であることを表すこの表現は、クラシックの譜面で見られます。

 

Upright Bass

直立型のベースの意味を持ちます。

 

Bass Fiddle または Bull Fiddle

ブルーグラスで使われるベースに対応した言葉です。

 

Bass

バスまたはベースと呼ばれます。

 

エレクトリック・ベースの誕生

1950年に入り、レオ・フェンダー氏が開発。1951年秋にはフェンダーの初期エレクトリックベースとなるプレシジョンベースが発売され、形としてはギターのテレキャスターの形をしています。

この頃より、ジャズやロカビリーで主流となっていた俗に言うウッドベースからエレクトリックベースが世に知れ渡り、1960年にはジャズベースが発売となり、それから更に進化を遂げアクティブベースや多弦ベースまで現在に到ります。

 

エレクトリック・アップライト・ベース

2000年に入ると音色や奏法はウッドベースに近く、エレクトリックベースにも部類するエレクトリック・アップライト・ベースが人気を見せる様になります。持ち運びしやすく、アンプを用いることで通常のエレクトリック・ベースと使い分けをするプレーヤーも増えています。

 

 

まとめ

ベースには、クラシック時代から低音の古楽器より変化を遂げ歴史が深い楽器であることがわかりました。また時代と共に音楽のジャンルなどによって、コントラバスの名称だけには止まらず様々な呼び名があることもわかりました。

ベースの譜面については、チェロの流れから通常の1オクターブ高く表記されていることでエレクトリックベースに適しており、歴史を感じながら今後のプレイに活かせていけるでしょう。