好きになったバンドマンを落とせる?彼女になりたい5つの手順

華やかなステージでオーディエンスの目を奪われるバンドのライブ演奏。

その華やかな空間で、魅了された人は恋に落ち入ることもあります。



Sponsored Link

ごく普通の人の恋愛とバンドマンの恋愛は多少異なる点もある。そんな悩みを抱えている人へ、どうしたら恋愛成就ができるのか5つの手順をご紹介します。

ライブへ通う

まず1点目ですが、ライブにはなるべく足を運びましょう

2、3回くらいでは存在を知ってもらえないことが多いです。

しかし、好きなベンドマンがいるのは当然で、たくさん足を運ぶことになるでしょう。

ただ、何もアクションをしないまま演奏を観て終わるのはよくありません。

そういう人は、なかなか恋愛に達するまでは程遠い。

せっかくのライブを観に来たのであれば、演奏中に好きな人がいる近い位置まで近づくと良いです。

人によっては緊張するかもしれませんが、恋愛が成熟する第一歩なので是非近寄ってみてくださいね。

話しかけて顔または名前を覚えてもらう



Sponsored Link

初めてライブへ足を運んだり、慣れてくるようになったらで良いので、実際に話しかけてみましょう

この時も緊張したり、変に「話けて振りむてくれないのかな」「うまく話ができるかな」と意識してしまうかもしれないです。

でも、実際に話しかけると意外と気さくに話ができ、名前を聞かれたり顔を覚えてもらえることが多いです。

また、バンドマンとしてライブを観てくれた人から話しかけてくれるのは嬉しいことなので変に意識しなくて大丈夫ですよ。

ただ、演奏前に話しかけてしまうとライブへの集中していることに対して邪魔になってしまうので、演奏前は話しかけるのは止めましょうね。

勇気を振り絞って話かけてみてくだいさい。

ライブ後の打上げに参加する

打ち上げって出演していたバンドマンだけでやるものだと思っていませんか?

確かに出演したバンドだけで打ち上げをすることあったり、自主企画のライブでないと参加しにくとところではあります。

だけど、打ち上げに参加するということは好、きなバンドマンと接することができ、仲良くなるきっかけにもなりますから、とりあえず打ち上げがあるかどうか、参加可能できるかどうか聞いてみてくださいね。

打ち上げの参加ができた際、気配りができると好印象であなたへの見る目が変わるでしょう

連絡先を交換する



Sponsored Link

今では、電話番号を交換する機会は少なくなっておりますが、連絡先の交換を知ることができますよね。

それは、SNSですね。

TwitterFaceBookInstagramなどでは、自分以外の人も繋がっていることが多いので気軽にコメントなどのコミュニケーションをとることができ、ダイレクトにメッセージを送ることもできます。

バンドマンも安心して、SNSのアカウントなどを伝えやすくなります。

注意することは、いきなり電話番号やLINEの交換するのは引いてしまうので、仲良くなった頃に聞いてみても良いかもしれません。

攻めたら引く、恋の駆け引き

一般的な恋愛のように、やはり恋の駆け引きは必要でしょう。

「攻めた続けた」と思えば何も連絡しなくて「引いてみる」。

定番な方法ですが、あなたへの気になる度は高くなってくると思います。

攻めたり引いたりとする駆け引きは、自身と相手との距離感や状況によって異なるので、コミュニケーションを取りすぎだなと感じた際は引いてみましょう。

また、過度に引きずぎると気づいてもらえないこともあるので注意しましょう。

まとめ

バンドマンとの恋愛。

バンドマンは、人と接する機会が多いため嫉妬してしまうかもしれませ。

ですが、恋愛成就を焦ってしまうと実るはずの恋愛が成就しなくなってしまうので、気持ちは気長でいると良いでしょう。

よく確認をした上で、購入の判断をしてくださいね。



Sponsored Link

↓他のベースブログについてはこちら↓


コメントを残す