フィンガーランプの意味と自作とは?メリットとデメリットは何?

ミュージシャンのプレイを見たりして、ピックアップの所に板が取り付けられているのを見たことがありますか?

Sponsored Link

フィンガーランプ(Finger Ramp)という名前なんですが、なんか取り付けているだけで、出来るベーシストかっこいいとイメージが湧きませんか?

最近だとテクニカルなベーシストが取り付けている人が多いようですが、一体あれはどういう役割を果たすのでしょうか。

市販のものもあれば自作も出来るようなので、今回は「フィンガーランプの意味と使い方とは?メリットとデメリットは何?」について紹介します。

 

フィンガーランプとは

出典元:https://cdn-ak.f.st-hatena.com

ほとんどが木材で作られていて、ジャズベースのようなピックアップ配列だとピックアップ間などの位置するボディ側に取り付けられる板です。

フィンガーランプを取り付けることによって、弦とフィンガーランプ間の隙間が狭くなりスムーズな弾弦が実現し、且つ弾弦された音量が比較的均一化が計れます。

使用しているミュージシャンを挙げると、ゲイリー・ウィルス、アドリアン・フェロー、リチャード・ボナや、日本人ではIKUOさんなどです。

 

フィンガーランプ のメリットとデメリット

Sponsored Link

メリット

前述にもありましたが、メリットについては以下になります。

  • 弾弦をする際の右手の指が弦に対して深く入りこまないようにする
  • スムーズなピッキングができ、連続的な弾弦スピードが上がる
  • 弾弦された出音の均一化が計れる
  • フィンガーレストとしても活用ができる
  • 良い音が得られる弦の位置で弾弦できる

デメリット

  • 出音の均一化が測れる反面、ダイナミックな弾弦ができないため音量が下がる
  • ダイナミックな弾弦ができないため、出音のニュアンスを作るのが難しい
  • 市販の価格が¥10,000代で高価である
  • 取り付けられる位置によっては、スラップなどの演奏方法が狭められる

 

準備で揃えるもの

フィンガーランプ

 
 

ヤスリまたはサンダー

フィンガーランプを自作する手順

Sponsored Link

フィンガーランプを自作するとなると結構時間がかかり、根気がいります。

それはなぜかというと、フィンガーランプに使用する木材として、硬い材質の木材が使用されるのが一般的で、弦とフィンガーランプ間を自身の好みに削らなければならないからです。

そして、柔らかい木材だと徐々に削れられ安いので木材選択する際は注意が必要です。

では、自作する手順を紹介します。

  1. 好みの木材を選択する
  2. 工具を揃える
  3. ピックアップ間と取り付ける好みの位置のサイズを測りカットする
  4. 弦とフィンガーランプ間の幅が好みの幅になるまで削る
  5. 実際にボディに取り付けて完成

取り付け方法については、ビス留めか粘着力が強い両面テープなどがあります。

そして自作する際のコツを挙げると、作成する前に弦高調整は済ませておきましよう。

また、ネック側のフロントとブリッジ側のリアの弦高は異なるため、好みの弦とフィンガーランプ間の幅を削る前に、各弦とボディの幅を測っておきましょう。

因みに、市販のものはある程度ベースに合う加工をされていますが、実際の取り付けには微調整が必要な場合があります。

 

まとめ

フィンガーランプを使用することで、ピッキングのレスポンスが良くなったり、音量が均一になりやすいが、ベースラインの表現が難ししということがわかりました。

一旦使用してみて、判断するのも良いですね。

そして自作をする際は、微調整しながらの削る作業になり時間もかかるため、かなりの根気が必要です。

自作に自信がなかったり、時間に余裕がない方はリペアショップや工房へ依頼するのが良いでしょう。

 

Sponsored Link

↓他のベースブログについてはこちら↓

 


コメントを残す




CAPTCHA